全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 生まれてきた意味。

<<   作成日時 : 2012/05/06 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今まで、いろんな存在とコンタクトさせて頂いているけれど、3日の夜(午前2時40分頃だから正確には4日)にも、他の生命体がいらっしゃった。

私の体の上を彼らが歩いている時、沢山の脚があって、大群のような感じ。

大群の重さは、人間1人と比べて、大人よりは軽い、子供と同じ位かな。

見えた姿は、イモムシみたい、、、いや脚が1・2・3・4だから犬みたいにも見える。

私が今もっている体験・記憶に照合して表現すると、「イモムシ犬」みたいな存在。

波動的にはゼロというか、中庸というか、空というか、、、表現できないが、良い悪いのどちらにも傾いてはいない。


今まで私のところに来てくださった存在は、光の存在、人間のような存在、怪獣か宇宙人のような存在、虫や動物のような存在と様々。

私が感じるのは、宇宙にいるのは、人間だけじゃないってこと。

そして、どの存在もその命を、他の存在に、脅かされたり消滅させられることがあってはいけないということ。

互いの存在を尊重しあって、平和的に共存するすることが大事。

なのに現在、この地球上において、私達人間は、他の種の生命を脅かし消滅させている。

それも残酷な方法なのに、何の罪悪感もなしに…

例えば、食文化として、他の動物達を殺す、、、etc

私の動画のほうに「動物を食べる人は動物愛護法になるのか?」という質問があった。

ここで返答させて頂くと、そもそも動物愛護法自体が人間の作った不完全な基準なのだから、それを基準に判断すること自体が私にとっては意味のないことなのだ。

私にとっての基準は、「愛と慈悲」。

その観点からみて、現在の地球上は、高度文明には程遠い。

高度な文明とは、愛と慈悲、そういった神の領域に達したものであると考えるから。

だから地球社会は、何兆年も、数の概念では数えられないほど遅れているんだ。

この世に生まれてきた人間は、愛と慈悲を実践して、自分の課題やカルマと向き合い、魂の向上をひたすら目指すべきだと思う。

それが、私達が生まれてきた意味である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生まれてきた意味。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる