全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 違和感、これは本当の幸せなんかじゃない。

<<   作成日時 : 2011/06/23 15:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2011年6月21日の北海道新聞朝刊1面。

「豚も幸せ 林の放牧  当麻」
 上川管内当麻町の山林で、約40匹の豚が放牧されている。
狭い空間の豚舎と違い、雑木林を含む計1.8ヘクタールの放牧地での飼育は手間がかかる一方、豚のストレスが減って食味も良くなるという。

 放牧しているのは、同町内の直営店で肉などを販売する「養生農園」。農園では40年前から豚を飼育しているが、粂田康晴代表(27)は、「無農薬で稲を育てるのと同様、豚も自然なままの飼育の方が良いのではないかと思って」、4年前から放牧を始めた。

 放牧した豚の肉は、脂身もすっきりしており、消費者に好評だという。悩みのタネは外見に似合わず俊敏で力がある豚が、「放牧地の柵を押し倒して脱走すること」(粂田さん)。放牧は雪が降るまで続けられる。




この豚さんたち、本当の意味で幸せなんかじゃないよ。

確かに、狭い豚舎だけで飼育するよりは、今だけ良い環境だよ。

でもね、豚さんたちだって、生きるために生まれてきたんだよ。

感情だってあるし、苦痛だって感じるんだ。

殺される恐怖がわかる?


私にはわかる。


とっても怖くって怖くて仕方がないんだ。

もっと生きたいのに、どうして無理やり殺すの?

でも抵抗できないんだよ。

死にたくないよ。

痛いのはいやだよ。

怖いよ。

嫌だよ。

やめてよ。





殺される動物達の感情が伝わってきます。

彼らのその時を感じると、私も苦しくて息ができない感覚と、表現できない感情がやってきます。

私にはわからない。

なぜ、殺すために育てることができるのか。

なぜ、殺せるのか?

なぜ、平気で食べることができるのか。


人間は肉を食べなくたって生きていられます。

腸内環境を整えれば(腸内細菌がタンパク合成します)健康にも支障ありません。

支障ないどころか、健康になります。


肉を食べないことを選択する人間が大多数となり、本当の意味で動物と人間が仲間でいられる時代がやってきますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
毎日快腸になる方法
ぽっこりお腹が気になる方に、スッキリサプリメントの快朝。夜飲めば、翌朝にはスルスル〜ッと快調に。無理なく自然に、 スッキリスリム。 ...続きを見る
スッキリサプリメント
2011/06/23 19:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にその通りだと思います。
豚さん達の気持ちを考えると
言葉がありません...
くるみ
2011/09/03 01:35
>くるみさん
コメントありがとうございます。
このような残酷なことがなくなる時代が、地球上にいつか来るのでしょうか…
全ての命を大切にする、なぜその真実に気づかないのかと、人間達の愚かさに失望感がありますが、同時に自分を奮い立たせながら活動しています。
mana☆
2011/09/04 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
違和感、これは本当の幸せなんかじゃない。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる