全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道獣医師会の被災犬後方支援に問題提起(獣医師会とのやりとりあり)。

<<   作成日時 : 2011/05/26 11:55   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

5/20に、ニュース「東日本大震災:北海道獣医師会が被災犬100頭受け入れへ」に対しての日記を書き、自分もボランティア登録をしたが、その登録にあたり問題・懸念を感じる点があったので、本日電話で意見を伝えた。


まず、内容の詳細を見ていただきたい。http://www.hokkaido-juishikai.jp/info2deta/bora11-0520.pdf


3枚目の登録用紙をみるとわかるが、こんなに簡単なものでよいのか?!という疑問がずっとわいていた。

それで、本日電話をして確認し意見を伝えた(対応は事務局とどり氏(女性、獣医師ではない)。


北海道獣医師会とどり氏とのやりとり

私:登録用紙が非常に簡単すぎる。実際に預けや譲渡をする前に、その人が飼育環境的にも人格的にも飼育者として適切であるのかの調査はしないのか?

とどり氏(T) :預かりの場合は、元飼い主と受け入れる里親が、電話などで連絡をとってもらい直接話しをしてもらう予定。

私:とすれば、判断は元飼い主に全面的にゆだねられるということか?

T:まだ全体像が決まっていないが、そういうことになると思う。


私:私がなぜ聞いているのかというと、譲渡された先で本当にきちんと飼育されるのか心配だからである。
実際に、ペット虐待や、虐待までいかなくても劣悪な環境で飼育されたりという状況が多くある。
もしそのようなことがあれば、ワンちゃん達は、被災で傷つき、また傷つけられることになる。

預かりについては(飼い主同士が直接話すということが)わかったが、飼い主不明犬や飼育放棄犬はどう対応するのか?

T:飼い主不明犬や飼育放棄犬に関しては、書面でしかできないと思うが、事前に状況を確認することはできる。
具体的なところがまだ決まっていないのでなんとも言えないが。

私:受け渡し後に、状況をチェックすることはしないのか?

T:実際のところ、受け渡し後まで確認することは困難だと思うんです。

私:それはできないことではない。
100%の確認はできないにしても、きちんと行っているブリーダーさんや愛護団体さんなんかは、譲渡後に、報告義務を課しているところもある。
実際に虐待だとか劣悪な飼育だとか、、そういった飼い主が多数存在しているのだから必要だと思う。

T:飼い主さんがいる場合は、そういったことがある程度可能かもしれない。

私:そうではない。最も重要なのは、飼い主のいる預かりではなく、完全譲渡の子達である。
飼い主さんがいる場合には、事前にやりとりを行って、顔もみえているので、ある意味そういったことは発生しにくい。
しかし、完全譲渡のほうは、非常に危険である。
だから、むしろ飼い主不明や飼育放棄などの子達について、きちんと譲渡する前の調査も譲渡後の監視もしたほうがいい。
例えば、3ヶ月後、半年後、9ヶ月後、1年後というように、最低1年間は報告の義務をもうければいいと思う。
スイスなんかでは、免許制もあるが日本は野放し状態である。

T:わかりました。ご意見として伝えます。

私:よろしくお願いします。




命の引渡しをするのだから、簡単に考えないでほしいと思う。

引き渡せばいいという問題ではない。

この譲渡によって、逆に今以上に不幸になる子がでる危険性もあると思う。

こんな普通のことが、そして最重要なことが、なぜまず先に考えられていないのであろうか。

獣医師会でしょう。

本当に日本のレベルの低さを、またまた再認識した次第であった。

今後、私の意見が反映され、きちんとした譲渡が行われることを願う。

譲渡が始まったら、また確認しようと思う。





追伸:北海道獣医師会へメールも送りました(12:23)

北海道獣医師会 御中

被災犬へのご尽力に感謝致します。

さて、5月26日に被災犬後方支援について、電話で確認と意見をしました。

この時の意見につきましては、内容を正確に把握してほしいので、内容を記載したブログのアドレスをお伝えします。

どうか意見の反映をして、ワンちゃんにとって幸せな人生(犬生)につながるような譲渡にして頂きたくお願い致します。

ブログ http://airu-123thanks.at.webry.info/201105/article_34.html


【私の姓】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
里親対象者の条件、譲渡対象者の条件は民間愛護団体はかなり厳しいですよね。同じようにしてほしいですね。書類かなり書きましたよ。そういえばホームチェックもありましたよ。いきなり訪問されてもよいという文書にサインもしましたしね。皆さんの善意を信じたいところですが、良心的に軽く考える人もいるかもしれないのが心配ですね。
さっぽろ一市民
2011/05/26 22:52
>さっぽろ一市民さん
本当に同じようにして欲しい、見習ってほしいと思います。
動物達の人生の譲渡なのだから、あんな簡単な登録用紙1枚で簡単に行うことは間違っていますす。
現実に、人間の良心を信じることができない状況が沢山ありますから、要求した書面調査や報告義務という内容が整備されてもまだ不十分だと思っています。
その愛護団体さんの「いきなり訪問されてもよいという文書へのサイン」はとても良いことだと感じました。
しっかり動物達の幸せを考えている団体さんですね。
mana☆
2011/05/27 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道獣医師会の被災犬後方支援に問題提起(獣医師会とのやりとりあり)。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる