テーマ:被災動物

札幌にて写真展「残された動物たち」(転載)

リアルドッグフードさんのブログより転載です(拡散希望)。    私も見に行こうと思います。 木曜日はいつも仕事なのですが、なんと27日(木)は臨時休診で仕事が休みです。 本日この情報とのご縁がありましたので、動物達からの導きだと思います。 ありがとうございます。 この情報をみて、私も多くの皆さんに見て頂きた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんな愛情いっぱいの新しい飼い主さんと出会えて本当によかった。

http://mytown.asahi.com/areanews/kanagawa/TKY201105310603.html 福島の被災ペット、新たな飼い主が懸命に世話 横浜 2011年6月1日 梶原由美子さんと一緒だとおとなしくお座りもできるクリ(右)=横浜市緑区  福島第一原発事故の影響で飼い主が避難した福島…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道獣医師会、被災犬の預かり等について(経過)。

本日、北海道獣医師会からFAXが届きました。 抜粋掲載 動物救援ボランティアに登録頂いた皆様へ 略(挨拶文) ボランティア登録を頂き厚くお礼申し上げます。お陰様で予想を大きく上まわる沢山の皆様からご協力の申し出を頂き心より感謝申し上げます。 中略(地震・津波・原発事故があったことが述べられている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

警戒区域内家畜ニュース転載(20110527)。

福島第1原発:「家畜の安楽死」難航 無断放牧など混乱も 2011年5月27日 11時53分 更新:5月27日 14時47分 警戒区域内で酪農を営む男性が飼育する牛たち。大半は何者かによって外に出されてしまった=福島県で2011年4月21日、袴田貴行撮影 東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内の警戒区域に残る家畜につい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道獣医師会の被災犬後方支援に問題提起(獣医師会とのやりとりあり)。

5/20に、ニュース「東日本大震災:北海道獣医師会が被災犬100頭受け入れへ」に対しての日記を書き、自分もボランティア登録をしたが、その登録にあたり問題・懸念を感じる点があったので、本日電話で意見を伝えた。 まず、内容の詳細を見ていただきたい。http://www.hokkaido-juishikai.jp/info2deta…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キュートなおじさん。ワンコお迎え準備。

今朝(5/25)通勤で運転中に停止した時、ふとミラーから後ろのおじさんが目にうつった。 お・・・おじさん、歳は40歳後半~50歳前半くらいかなぁ?! ん?私は思わず微笑んだよ。 おじさん、一心不乱にコレしてました。 ↓ http://corocoro.ya-man.com/?aflid=a_ls0004 高畑淳子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は(2011年5月21日)。

たまき議員さんやたかむら議員さん、新庄動物病院等の情報を読むと、動物達の救援については、わずかに前進の方向がみえています。 でも、求めていることからみれば、本当に僅かですが… 命をつなぐ一番の緊急は餌と水です。 これについては、たまき議員のブログにこうありました。(ペットについて) http://ameblo.jp/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餓死を阻止しなくては~今すぐの餌・水やり、何か方法は?

警戒区域内の動物達、餌・水、今すぐ必要です。 動物達の叫びが聞こえ、苦しみが伝わってきます。 今現在、命尽きています。 何頭も、何匹も・・・ 殺処分が決まっている家畜は、生存頭数が少なくなれば、政府は意気揚々と実行するでしょう。(安楽死体制が整ったと言うでしょう) 全ての動物達に、今すぐ、餌・水やりが…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【至急拡散】茨城県牛久市美浦村「福島の被災家畜・ペット・ご家族、受け入れ。

同志との情報交換で、拡散情報がありました。 皆さんもご自身のブログへの掲載や、現地におられる方は、直接被災者の方へ情報を伝えてください。 お願い致します。 転載 【至急拡散】茨城県牛久市美浦村「福島の被災家畜・ペット・ご家族、受け入れます。 ブレーウさんよりhttp://ameblo.jp/brave-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時帰宅でペットが死亡していた…動物達が不憫です…飼い主には憤りも。

一時帰宅、40日間主人を待ち続けた愛犬が… (読売新聞 - 05月10日 22:28)  記者も防護服を着て福島県川内村の警戒区域に入った。午前11時過ぎ、村民体育センターから報道陣用のバスに乗り、住民を乗せた5台のバスに続いた。  道すがら、菜の花畑や豊かな山菜が見られ、初夏の彩りに包まれていた。だが、気密性の高い防護服は…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

地獄です…残酷すぎます…

牛たちは、最後にエサを求めて首を伸ばして死んでいました。 しかし、まだ生きてる牛もたくさんいました。 生きている牛は、こっちを見るんです。 本当に、すがるような目です。純粋な目です。 私は、次に同じような光景を見るために行くのはいやです。 以上、新庄動物病院掲示板より転載 http://blogs.yahoo.c…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もうこれ以上の犠牲をださないで…(ある方のブログ転載:写真あり)。

ある方のブログ転載です。 動物達の悲惨な状況を写真で知らせてくれています。 こんな酷いことは、今すぐ終わらせなければいけません。 嘆願メール、情報拡散、資金援助など、現地に行かなくてもできることが沢山あります。 みなさん、できることをお願いします。 ■ずっと待っていたワンちゃん http://am…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現場の苦悩と私の嘆願メール。

http://ameblo.jp/akenesaito0408/entry-10876232696.html ↑ この記事を読んで、現状や現場の人の思いの一旦がわかりました。 やはり黒幕は原子力災害対策本部でしたね 私は、29日の日記を書いた後に原子力災害対策本部に何度か電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賛同人署名・拡散のご協力をお願いします。

Freepets JP Twitterより。 FreePetsJP が警戒区域の動物救護に関する要望の賛同人募集を開始しました!  賛同してくださる方は、http://freepets.jp/のページの下にあるフォームに必要事項の記入をお願いします。 ※Webへの反映はスタッフの手作業のため時間がかかります。ご了承くださ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

前回の記事のその後:お粗末な行政の対応に呆れました…。生きているんだから、早く助けてよ!!

■UKC JAPANさんのブログより。 http://ameblo.jp/dog-rescue/entry-10875282158.html ■山路徹さんもツイッターでこう述べている。 yamajitoru 山路徹 今日から5月2日までの日程で始まった、福島県による20キロ圏内犬猫救出、その対象は徘徊しているものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警戒区域内のペット保護へ→あきれた・・・やっぱ行政はダメだ(4月29日の記事を参照)

毎日新聞 4月27日(水)20時29分 <福島第1原発>警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染   福島県は27日、東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内への立ち入りを禁じる「警戒区域」にいる犬などのペットを28日〜5月2日に保護すると発表した。野放しにされたり、衰弱している犬を優先的に捕獲する。スクリーニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災動物預かりへの支援が個人でも受けられるようです。

被災された動物達を預かりたい想いがありまして、いろいろ情報をみましたが難しそうです。 なんせ陸つづきでない北海道だから、移送の問題が・・・ 被災、そして飼い主と離れてストレス状態にある子達ですから、飛行機にのせて何かあっても困るしね(原則、動物は貨物のほうにしかのせられません)。 調べている中で、よい情報がありましたの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討

ニュース  2011.4.21 23:48 警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討  福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。  近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more