2015謹賀新年。

ベジタリアンのスポーツ選手が沢山います。 私もベジタリアンですが、筋肉あります。 4年前位に定期的に行っていたダンスをやめて以降定期的なスポーツはしていない、日常でもあまり動いていませんが(普通の人レベルです)、去年12月に結構きついエクササイズをしてみたら、周囲が息を切らしていても平気でした。 つまり、私が完全にベジタリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫ちゃんの命を守るために、、寒くなったら気をつけよう!(情報拡散)

FBからの情報拡散です(以下、転載)。 これからの寒い季節には 車に乗る前に、 「ボンネットをコンコン」を忘れないで! 寒くなってくると、 暖をとる為に車のボンネットの中、エンジンルームに猫ちゃんが入り込んでいる事が多々あるのです。 そんな所に猫が入るはずが無い。そう思う方もいるかもしれませんが、 車のエンジンル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラックが落としたニワトリ達・・・(泣)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20141126-00000008-jnn-soci とにかくニワトリ達が可哀想すぎる・・ 弱弱しい中、生きてるでしょ。 いまだに肉を食べる人間のせい! もういい加減肉食やめてよ-。 動物達は、食べ物じゃなくて、友達な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Days Japan2014年12月号!

FBで情報を得た「Days Japan2014年12月号」 この方のブログを参照 ↓ http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1509.html 動物問題について特集されています。 私はネットで注文していたのが今日届き、まだ読んでいないのですが、“かなり踏み込んだ内容”と同志…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ選手にだって肉食は必要ない。

FBで得た情報です。 イギリスのディーンハウエル サッカー選手。 「VEGAN」だってーー。 超カッコいい! スポーツ選手は肉食べないといけない、、、と言ってる人達(特に医師とか栄養士とかスポーツトレーナーとか)の間違いが証明されるね。 あの有名な金メダリスト、カール・ルイス選手もそうだし。 さあ皆で、G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きたカエルを串刺し!諏訪大社の残酷な神事。

FBからの情報拡散です。 ぜひ諏訪大社に抗議の電話を!情報の拡散もお願いします。 この記事を知った全員が、諏訪大社に電話すれば、変えていけるのではと思います。 同時に私は、ホ・オポノポノでクリーニングもします。 ホ・オポノポノ、、知っている方は(知らない方も書籍沢山でています)ぜひクリーニングもしてください…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

これを読んで、あなたはどちらを選択しますか?

FB友のY氏の記事のシェアです。 私も日々感じていることを、簡潔明瞭そして心に訴える形で表現してくださったことに感激しましたので、本人の了解を得てシェアさせて頂きました。 どうぞ、一読ください。 肉を食べる人たちは、飼育動物たちの悲惨な状況を知っても「だから感謝して残さずに頂きましょう」と言いますが、動物たちにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KIDさん、よくぞ言ってくれました!

なんなんだ、この飼い主。 日本の闘犬も、スペインの闘牛も、やってる人間・見て楽しんでいる人間、恥を知りなさい! KIDさん、よくぞ言ってくれた!! 本当に強い人間は、このように優しいのですよ。 一方この飼い主は、自分が弱虫の卑怯者・エゴの塊だと気づくべき。 ◆飼い主とKIDさんのやりとり(一部抜粋)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベジタリアンになろう(ポールマッカートニー)

http://youtu.be/RTb-hPOUIYY この動画を、ぜひ見てください( 見る勇気がでない方は音声だけでも)。 家族や友人にも紹介してください。 肉を食べている人間ほど、絶対見るべきです。 そして、あなた自身やあなたの大切な存在が、これら動物達の立場であったら、、、それを想像してください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「断捨離」ではなく、「断使離」を!

いつか書こう書こうと思っていたこと。 きっかけがあったので、今日書きます。 「断捨離」について。 世間では流行っているようだけど、賛成できない面があって、私の場合は「断使離」をしています。 物であっても生あるごとく大切に扱い、その役割を全うするまで使わせて頂き、その時期がきたら、ありがとうと感謝を伝え、よう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを読んでも、まだ食べるのですか?やめる努力を!

色んな方々のブログより転載 「 肉をたべることは 」 という エッセイで ローマの作家 プルタルコスは書いています。 「私としてはむしろ、次の点を知りたいものだ。 人がどんなきっかけで、 何を考えながら 血のりを口にし、 死骸を口にしたのだろうか 死で腐敗した死骸の乗ったテーブルに足をむけ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偉人達や著名人の言葉。

偉人達や著名人の言葉                            レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519) 「私はかなり若い頃から動物を食べるような事は絶対にしなかった。動物を殺す事は人間を殺す事と同じである。人間がこの事を認識する日はいつか来るだろう。」 「動物を殺すことが人間を殺すことと同じように犯罪とみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

署名をお願いします(拡散)。

こちらから、署名をお願いします。 ↓ http://ameblo.jp/chiwachiwa226/entry-11899400435.html 経緯など、他の記事も読みますと、絶対に許されざること、そして警察の犬たちの命への軽視や怠慢が見えます。 署名で、警察を動かし、この犯人を厳罰処分に!! こちらも読んでくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨークの公立学校、全給食をベジタリアンに!(転載)

 「ニューヨークの公立学校、全給食をベジタリアンに!」 という記事。 現在のところ、健康(More Healthy)という理由だから、まだまだではあるのだけど、それでも一歩前進。 ベジタリアンになることで、感情が穏やかになる、暴力を好まなくなるという効果も期待できる。 今後は、「人間と同じ感情をもち、痛みも恐怖も感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚の痛みについて&偉大なる聖者スリ・ユクテスワ師。

◆魚は痛み感じる能力があり、痛みの感じ方はヒトの新生児や早産児以上(英魚類学者研究) 2012年04月05日 http://karapaia.livedoor.biz/archives/52077018.html  より一部抜粋 魚 かつてカニ、エビなどの甲殻類にも、痛点がある可能性があるというニュースをお伝えし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉食が間違っていることをシルバーバーチが示す。

前回に続き、、、 今回は、「肉食が間違いである」ことを示すシルバーバーチの言葉の紹介です。 交霊会にて、菜食主義に徹している人が、肉食をしないのは動物を殺して食することが間違いだからであることを述べるとー 「人類が自分たち以外の創造物への責任を自覚する段階に至れば、当然殺生はできなくなります。それは霊性の発達の一つの指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物実験が間違っていることをシルバーバーチが示す。

動物実験や動物を食することは、宇宙の真理からみても間違った行動です。 人間の魂が進化すれば、それがいけないことだとわかるはず。 それを裏付ける言葉が、「シルバーバーチの霊言」にありました。 「あなたの考えや行動は正しいのよ」 このメッセージを私に伝えるために、今月図書館で手にしたこの本が、私の所にやってきたのだと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

引き寄せの法則と動物達の幸せ。

今日、大いなる存在から、メッセージが来ました。 ありがとうございます。 知っていたのに、行動の際には、忘れていたり、無視して反対の言動をしてしまっていたこと。 引き寄せの法則。 毛皮反対と言っても、この法則に従えば、毛皮にフォーカスされ、それを引き寄せてしまう。 →だから、「人工毛」や「フェイクファー」という言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道新聞、なんて残酷な記事写真を…( 追伸あり)

2014年2月4日(火)の北海道新聞9面。 "「シカ肉を食べよう」広がる”という記事があり、逆さ吊りにされた鹿の死体(肉)の写真が大きく(9.5×6.5cm)で掲載されている。 両脚を縛られて吊るされているのがわかる。 「食べよう」という一方的なテーマを取り上げること自体が、中立ではなく人間本位の悪記事であるのは当然の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

狩猟は非人道的。

熊が里に下りてきたり鹿が増えすぎたから、狩猟が必要なのに人手が不足しているという記事を、昨年末新聞で読んだが、 そんな人手は、自然消滅してしまえと私は願う。 そもそも、なぜ熊さん達が里におりてくるのか、なぜ鹿さん達の数が多くなってしまったのか。 原因は、人間でしょう。 勝手に相手のテリトリーに入り、住みかを壊し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気。

今気になっている人、望月勇さん。 ロンドン在住の気功師さんでありヨギーである方。 本を読むと、同じ考えの部分がすごく多くて感動。 何もない所でバラの花のような香りを感じた経験があると本に書かれていて、自分も過去に同じ体験を一度しているのでびっくりすると同時にとても嬉しい。 私の場合は、自宅で体操をしていた時に、急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺さないで。

「肉」を食べることがどれだけ残酷で罪深いことであるか、、、 1日も早く世界中の多くの人がこの真実に気づき、行動を変化させますように。 「肉」という表現はその残酷さを覆い隠す。 「肉」ではなく、「動物(=仲間・友達・人間と同じ生き物)の死体」です。 殺される時、人間が味わうと同じ恐怖や痛み・苦しみを味わっているので…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

行動。

例えばレスキューしたとして、自分ひとりが一度に救える命は、たった1匹(頭、羽、etc)~数匹だから、もっと一気に多くの命を幸せに導く方法はないものか、、、と常日頃考えている。 でも仮に、日本の8000万人弱(2013年8月現在)の生産年齢人口のひとりひとりが、自分の身近なひとつの命に思いをはせ、実際に行動すれば、すごく大きな力(数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三味線に犬や猫の皮が・・・伝統文化であっても、残酷な命の犠牲があるならやめるべき。

2017.8.13追記  下記の記事を書いてから4年、ついに人工皮が主流となっていく兆しが見えました! 詳細はこちら→http://airu-123thanks.at.webry.info/201708/article_2.html 8月13日深夜か早朝に、夢をみました。 寝る前に、ガイド様(私を護り導い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more