動物を法律上の「物」から「人」へ。



私は、人間以外の全ての動物を、法律上の「物」ではなく「人」として扱うのが真理であり人道的な姿だと思っています。

類人猿は人間に近いとされていますが、それ以外の動物達も全てが、人間と同じような感情(喜怒哀楽)を持ち、他を思いやる心を持ち、五感をもっているのです。

その動物達を、人間が一方的に支配したり、不当に搾取したり、傷つけたり、食や実験の為に虐待したり殺したりしている現在の地球上の状態が、いかに非人道的かを多くの人々に実感して頂きたいです。

例え、そのレベルが大人の人間に到達していなかったとしても、新生児レベル、幼児レベル、子供レベルのIQや認識能力や思考、そして人間と同じ生物としての感覚や愛情などを確実に持っているのです。

正確には、人間とは違う超越する能力さえをも持っている動物達(すぐれた五感や第六感やテレパシー能力など)を、人間は正確に認知することはできないのです。

肉体的優位さがある、言葉を持っているという事で、この世界が人間が支配しやすい仕組みになっているだけの話です。

動物を法律上の「物」から「人」へ

現実世界で体現するために、スティーブン・ワイズ氏は、チンパンジーから風穴をあけようと活動していらっしゃいます~素晴らしいです。

TED(動画)
https://www.ted.com/talks/steven_wise_chimps_have_feelings_and_thoughts_they_should_also_have_rights?language=ja&utm_source=facebook.com&utm_medium=social&utm_campaign=tedspread


法律の世界は、社会的に非常に力をもっていて影響力を及ぼすので、こういった弁護士さんが沢山輩出されることを願います。

そして、私も含め同じ考えの皆が、地道に自らのできることをしていけば、世界は絶対に良いほうに変わっていくと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック