これを読んでも、まだ食べるのですか?やめる努力を!

色んな方々のブログより転載

「 肉をたべることは 」 という エッセイで
ローマの作家 プルタルコスは書いています。

「私としてはむしろ、次の点を知りたいものだ。

人がどんなきっかけで、
何を考えながら 血のりを口にし、
死骸を口にしたのだろうか

死で腐敗した死骸の乗ったテーブルに足をむけ、
ついさっきまで 泣きわめき、
動きまわり、生きていた動物の一部を、大胆にも食べ、
栄養素などと呼ぶのです。

殺されのどを引き裂かれ、
皮がはがされ、
足がひっこぬかれるのを

どうやって黙って見ていられたのだろう。

あの悪臭をどうやって 堪えていたのでしょう。

致命的な傷から流れる血や
体液でよごれても、
まだ肉を食べようと思うものなのでしょうか

ライオンやオオカミのような動物を
正当防衛で殺しているのとはちがうのです。

むしろ、牙も毒牙 もない、
おとなしく危害のない動物を殺しているのです。

それも、 ほんのわずかな肉のために、
ただそのためだけに、

おとなしい動物から、
生きるためになくてはならない 太陽、 光、 命 を
奪いとっているのである。」


そして彼は、肉食をする人々に つぎのようにいどんでいます。

『 もしあなたが そのような食生活に
自分がむいていると言い張るのであれば、
食べたい動物を
自分自身で殺して みなさい。

さあ, やってみなさい。

大きな肉切り包丁も、
こん棒も, 斧も つかわずに

自分の手で。 』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック