全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS これを読んで、あなたはどちらを選択しますか?

<<   作成日時 : 2014/10/16 22:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

FB友のY氏の記事のシェアです。

私も日々感じていることを、簡潔明瞭そして心に訴える形で表現してくださったことに感激しましたので、本人の了解を得てシェアさせて頂きました。

どうぞ、一読ください。


肉を食べる人たちは、飼育動物たちの悲惨な状況を知っても「だから感謝して残さずに頂きましょう」と言いますが、動物たちにしたら、感謝なんて何の意味もないのです。

食欲を抑えきれな自分に対するただの「言い訳」です。

あなたは感謝さえすれば何でも許されるとお思いでしょうか?

それは余りにも自分勝手で自己中心的な考え方だとボクは思います。

牛も豚も屠殺前は涙を流しながら泣き叫びます。

みなさん、牛が涙を流すところなんて見たことがありますか?

ボクは、屠殺場で牛が涙をボロボロ流す姿を初めて見ました。

それはそれはビックリして、もう声が出ませんでした。

彼は、これから殺されることを自覚した絶望と恐怖の念から溢れ出てきちゃうんですね。

ヒトも牛も仲間が目の前で逆さに吊るされ、喉を裂かれて苦しんでいる姿を見れば、怖い、死にたくない、もっと生きたいと、そう願うはずでしょ。

画像


人は本来、動物を食べるように出来ていません。

それは歯の形や構成からみても分ります。

肉食のライオンやヒョウの歯の形と草食の牛の歯の形、ヒトの歯はどちらに似ていますか。

私たちは動物など一切食べなくてもまったく健康に生きていけることは、これまでの多くの菜食者や古来からの仏教の僧がそうであったように証明されていることでもあります。

ボクは、自分の家族や友達の命とあらゆる動物の命は「同一線上」のものだと思っています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これを読んで、あなたはどちらを選択しますか? 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる