全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS フェレットのレスキュー(追伸あり)。

<<   作成日時 : 2012/06/10 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

フェレットのレスキューはどうなっているのだろう・・・と考え、以前札幌市動物管理センターに電話をし、フェレットの収容があるのか確認した。

札幌市動物管理センターは犬猫のみの収容で、他の動物については情報の受付さえもしていないとのこと。

だから、迷子・放棄などがあった場合には、警察で保護ということになるのだろう。

〜参考までにその時の会話〜
私    「フェレットの保護収容などはありますか?」
センター「ありません、うちでは犬猫しか保護していないのです」
私 「犬猫以外の動物は保護しないのですか?」
センター「そうです、犬猫だけです。」
私 「では、犬猫以外の動物については、相談だけでものったりはしないのですか?」
センター「行いません」
私 「そうすると、犬猫以外の情報は?保護はどこがするのですか?警察ですか?」
センター「う・・・ん、そうですねぇ・・・そうなりますかねぇ・・・」


フェレットは小さいし鳴かないから、ひどい人になると、ゴミとして捨てるケースもあると聞いたことがある。

相談窓口がなければ、そのまま放したり捨てたりなど、酷い形での放棄は増えるだろう。

そして放棄された場合、警察に保護されるのは幸運なケースで、そのまま亡くなるケースが多いのではないか。

そして警察に保護されても、その後はどうなるのだろう?

保護の間も、フェレットの飼い方はメジャーじゃないので、色々難しいだろう。

フード、保清、爪切り、排泄、運動、遊び、室温管理、必要な医療など、生活全般で適切な環境が与えられているとは考えにくい。

これから、夏になり気温も上がる。

フェレットは、汗腺がなく暑さで死亡することもあるので、温度管理は非常に大事である。

とても心配・・・。


受け皿がどこにもないのであれば、自分がフェレットレスキューをしよう、、、と考えたのだけど。

動物管理センターに収容されないのであれば、どうやって周知や情報収集をすればよいのか?

警察署1件1件にチラシを配ろうか。

、、、考え中です。


注意:
当方では、安易に飼育放棄することを助長したくないので、そういう方に対しては、飼育アドバイスや里親探しなどのへの助言や後方支援を致します。
ただ、虐待や劣悪な飼育環境が認められ、緊急レスキューが必要な場合には、安易な飼育放棄であってもレスキュー致します。



追伸(6月11日):
このブログを見て連絡を下さったお方の情報がきっかけで、一部警察署とのパイプがつながり、また情報収集の窓口も少し広がりました。
警察署さんでは、保護した後に預かってくれるレスキューボランティアの存在は有難い、そういった場合に相談させてほしいと言って下さいました。

私はフェレットの保護を専門に行いますが、他にインコや亀、ウサギなども保護されています。
色々な種類の動物に対して、レスキューの必要性をすごく感じました。

公的機関が整備されていない現状では、個人ボランティアが立ち上がるしかないと感じました。
勿論公的機関が整備される方向へのアプローチも必要ですが、命は待っていられません。

私のように、レスキューを始めてくれる人が沢山広がりますように。

自分のできる分野と範囲でがいいと思うのです。

大切な命、安易に広げ抱え込みすぎることは、劣悪な環境や不十分なお世話、多頭崩壊などの危険、災害時に対応できないなどの危険性があるので、これまたいけません。

一番の願いは、善良な飼い主さんが大多数となり、放棄などがなくなることです。




追伸Aレスキューの詳細について記載しました(6月12日)。
レスキュー依頼をしたいという方は、必ずこちらをお読みください。
http://airu-123thanks.at.webry.info/201206/article_5.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうレスキューというか保護はないにこしたことはありませんが、万が一見かけたら連絡します。うさぎは山に捨てられていますよ。拾った人が2人います。自分で育てています。レスキューなどとは言っていませんが、自然に受け入れて育ててくれるようなそういう方も増えるといいと思います。
北の猫婆
2012/06/12 22:30
北の猫婆さん
>自然に受け入れて育ててくれるようなそういう方も増えるといいと思います。
私もそう思います。
身近にそういう方がいれば、その方に任せるのが一番との考えです。私は、どうしても預かり先が見つからない場合や緊急性の場合に対応することを考えています。レスキューの詳細については、本日の日記に書きましたので、一読頂けますと幸いです。
いつもありがとうございます。
mana☆
2012/06/13 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
フェレットのレスキュー(追伸あり)。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる