全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 水ボトルは必ず確認・予備も。

<<   作成日時 : 2012/05/31 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フェレ子達は、水ボトルよりも器からのほうが飲みやすいようなので、朝晩の遊び時間には、器に水を入れて置いておく。

やはり、水ボトルだと少ししか飲まないのに、器だと沢山飲んでいる。

でも、ケージにいる時には、どうしても水ボトルになってしまう。

この水ボトル、空気が吸い口部分に溜まると、水がでない現象がおこる。

かなりの回数を押し続けても出ないことがある。

そうすると、飲むほうにとっては、ストレスになるし、舌への負担もかかるし、結局ずっと出なければ脱水になってしまう。

うちでは、1日1回の水交換時には、ボトルは吸い口の中まできれいに洗う。

設置したらキレイなタオルはんかちで吸い口を押して、中の空気をだして、水が十分にでる状態にしておく。

また、必ずひとりに2つの水ボトルを備えつけておくようにしている。

水は命に直結する大切なもの。

だから、こういったきめ細かい配慮が必要なんです。



話は変わるが、、、

以前、○ース○ファリサッポロに行った時、そこの水ボトルの吸い口が、完全に固まっていて水がでない状態だった。

吸い口は洗浄不十分だし、中の水はにごっているし・・・

ちょうど水入りのペットボトルをもっていたので、ボトルごと交換して、吸い口を何度も手でおして水が出るようにしてきた。

吸い口を手で押した時、かなり力を入れないと押せない状態まで固まっていた。

こういったことで、いかにきちんと管理していないのかがわかる。

ひよこが沢山いる部屋だったが、どの位飲めないでいたのかわからないので、その場でもすぐ水をあげたら、みんな集まってきてすぐ飲んでいた。

どんなに、ノドが乾いていたのかと思うと・・・本当にせつない。

この施設は、外面は良くみせて宣伝しているけれど、ほかにも疑問が残る点が沢山ある。
以前の日記も参照→http://airu-123thanks.at.webry.info/201010/article_4.html

すぐに廃業していほしいが、そうなるとそこにいる動物達の処遇に心配があるので、それもまた難しい…



以前、加○観光がやっていた中の島にあった○んにゃんパーク。

ここがH22年に閉鎖された後、あそこにいた動物達の行方を知っていますか?

かなりかたい情報では・・・酷いです。

命を大切にしていないでしょう。

加○観光は、ペットに関わる学校もやっていてそこも閉鎖。

観光だけやってればいいのに、大切な命をそういった商売に使わないでほしい。

金より、命が大事でしょうが!

このことを知って以降、加○観光関係の施設は利用しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水ボトルは必ず確認・予備も。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる