全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 積極的な諭しや教育が大事なんです。

<<   作成日時 : 2012/05/21 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(読売新聞 - 05月21日 16:12)より

犬猫の殺処分4割減…飼い主説得・有料化が奏功
 
「引っ越すため飼えない」「しつけに失敗した」「飽きた」――。

 飼育放棄された犬猫は、動物愛護法に基づき、都道府県や政令市、中核市が運営する「動物管理センター」などと呼ばれる施設に送られ、引き取り手がない場合、殺処分される。


 引き取られた犬猫の大半は、野良犬・猫と同様に殺処分されており、動物との共生を訴えるNPO法人「地球生物会議」(東京都文京区)によると、10年度の都道府県別の殺処分数は〈1〉愛知(9958匹)〈2〉大阪(9924匹)〈3〉広島(9128匹)の順で、愛知県は02年度以降、常にワースト3位以内に入っている。


 このため、愛知県と、県内では独自に引き取りを行っている名古屋、豊田、岡崎、豊橋の4市は、引き取りを有料化することで安易な飼育放棄を少しでも減らそうと、昨年4月から1匹あたり2500円(子犬・子猫は500円)の手数料を徴収している。


 また、県は4市を除く市町村での引き取りを廃止し、窓口を県動物保護管理センター(豊田市)と3か所の支所に集約。動物の飼育に詳しいセンター職員が新たな飼い主探しを助言したり、「引き取り後に殺処分されることを理解しているか」「家族で十分に話し合ったか」などと、飼い主に再考を促すことを徹底した。


 こうした取り組みの結果、11年度にセンターが引き取った犬猫は約1900匹(速報値)で、前年度より1600匹近く減少。県全体でも約3340匹(速報値)で、前年度の5428匹(犬732匹、猫4696匹)に比べて2000匹以上減った。


以上抜粋


>動物の飼育に詳しいセンター職員が新たな飼い主探しを助言したり、「引き取り後に殺処分されることを理解しているか」「家族で十分に話し合ったか」などと、飼い主に再考を促すことを徹底した。

そうそうそう!!

職員さんのこういった行動〜ここがすごく大事。

私が住む札幌市でも、徹底して行ってもらいたい。

以前、電話や対面で札幌市動物管理センターの職員さんと話した時に、こういうことの大切さを伝えてみたことがある。

札幌市の職員さんたちの反応は、、、

悪い人達ではないけれど、積極性や行動力や情熱に欠けている印象を受けた。

「決まりなので仕方ない」と、ただ決められたことをすればいいというお役所仕事はもう終わりにしてほしい。

大切な命を預かっていることを、もっと身にしみて感じてほしい。

新しい取り組みをして積極的に行動することは、決まりを破ることにはならないのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
積極的な諭しや教育が大事なんです。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる