全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS どうか動物達を殺して食べない選択を!

<<   作成日時 : 2012/03/31 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


動物達を隷属化、搾取、その自由や命を残酷に奪う、この地球上をかえるために何をすべきか?

毎日考えております。

実行もしています。

私は、動物達を食べません。

ただエキスなどが含まれている食料品もありますし、どうしても動物達の体を含む食材が目の前にでてきた時には(宴会や誰かが作ってくれるなどで)、捨てることのほうが命を粗末にすると感じるので食べる選択をします。

だから、100%は現状では無理ですが、普通に暮らすことで100%食べないでいられる世界を望んでいます。

皆様もぜひ行動して、彼らを人間の食料という立場、その苦しみや恐怖から解放する力をください。

食べない人が増えれば、殺される動物達が減ります(私はゼロを望む)。

ひとりひとりの意識と行動で、世の中が変わります。

動物達にも、自由と幸せを得る権利があります。

動物達にも、恐怖や喜びといった感情や痛みがあります。

種は違っても、人間と同じなんです。

人間が動物達を殺すために飼育し、その命を奪う行為は間違っています。

仲間を殺して食べるなんてできますか?

彼らがどのように飼育され、どのように殺され、その時何を感じているかを知ったのなら、自然と食べることはできなくなると思います。

だから知ってほしいのです、彼らの現状を。

本や映画もあるし、何よりも常識的に推測することが可能だと思います。


先日、奇跡的な出会いをしました。

ある本との出会い。

そういう内容だと思わずに手にした本。

しかも、普段は立ち寄らないスーパーの書籍コーナーで。

ホクレンの書籍コーナーですから、雑誌やコミックなどが主で、こういった本は滅多に扱わないだろうに。

きっと、私と出会うために、そこに居てくれたのね。

内容を読んでびっくりしました。

同じ考えの方がいて、とても心強い思いでした。

皆様も一読してみてくださいませ。

シャロン・ギャノン著 「ヨガ&ベジタリアニズム」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A8%E3%82%AC-%E3%83%99%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0-%E3%80%88YOGA-VEGETARIANISM%E3%80%89-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B0079KNLZK/ref=pd_sim_fb_5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
典型的な愛誤ですね。
論理破綻も甚だしい。
熊太郎
2012/04/08 12:44
>熊太郎さん
非難をして満足ですか?
まず最低限のマナーとして、対話的、平和的な態度が大切だと思います。
そうでないものは、受け取りません。
私が受け取らなければ、それは発した人の手に残ったままになります。
仏陀もそう言っていますね。
つまりご自分自身への言葉になっているのですよ。
mana☆
2012/04/10 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうか動物達を殺して食べない選択を! 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる