全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 素敵!〜新宿区の動物(と飼い主)救護の備えと活動。

<<   作成日時 : 2011/10/24 20:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

東京都新宿区では、49ヵ所の学校避難所すべてで動物同伴が可能とのこと。

なんて素敵!

国や、他の自治体さん、良いことは今すぐ真似して取り入れましょうよ!




毎日新聞 2011年10月18日 東京朝刊より
http://mainichi.jp/life/housing/news/20111018ddm013100021000c.html


〜抜粋記事〜
どうぶつナビ:災害時、ペットの避難は。

同行避難訓練に参加し、飼い犬を動物救護所に預ける飼い主ら(右)=東京都中野区の区立中野本郷小で8月 ◆災害時、ペットの避難は。

 ◇普段から準備し訓練を
 ◇同行できる自治体も 飼育道具など用意
 猫3匹と暮らす東京都新宿区の女性(72)は「東日本大震災の報道を見て、避難所に猫を連れて行けるか分からず、不安で仕方なかった」と話す。女性は1人暮らしで、猫は大切な家族だ。

 震災以前から、防災袋に猫のえさも入れるなど災害に備えた準備はしてきたつもりだった。しかし、今回の震災で、猫と一緒に避難所に入れるのか確認していないことに気づいた。

 ペット保険を扱うアニコム損害保険(本社・東京都新宿区)が8月、ペット保険契約者2869人に実施した調査によると、「居住先の自治体の避難所がペットと一緒に避難できるか」について把握していない飼い主は全体の84・5%に上った。「ペットのための防災対策をしている」との回答は、震災前の44%から61・6%に増加したが、具体的な避難先の確認はまだ遅れているようだ。

 女性はかかりつけの動物病院に問い合わせ、新宿区の避難所では同行避難ができると知った。友人から譲り受けた猫用のケージを防災袋と一緒に置き、いざという時にはすぐに猫と一緒に逃げられるよう準備した。「猫たちは心の支え。一緒に避難できると分かってほっとした」と話す。

  *

 新宿区は避難所での動物の受け入れ体制を整え、マニュアル作りを進めている先進的な自治体だ。阪神大震災の際、ペットを連れて避難所に入れず、車中で生活する人がいるのを区職員が見て、「誰もが不自由なく避難できるように」と考えたのがきっかけだ。03年9月には、地元の獣医師会と災害時の動物保護について協定を結び、「学校避難所動物救護マニュアル」を作成。49カ所の学校避難所すべてで、動物も一緒に受け入れる予定で、ケージなどの飼育用具もそろえる。

 「区内には推計3万〜4万匹の犬と猫がいる。その2〜3割が避難所に逃げてきたら混乱は避けられない」と新宿区保健所衛生課管理係の石井章夫さん。マニュアルでは、避難したペットや保護動物の世話をする「動物救護部」の設置や、人間と動物の居住スペースの分離方法、衛生管理なども細かく規定している。

 石井さんは「避難所には動物が苦手な人もいる。どんな組織を作り、どう運用していくかなど具体的な行動を事前に決めておくことは重要」と話す。

 各家庭でも事前に準備するよう、日本愛玩動物協会は動物の避難マニュアル「ひとと動物の防災を考えよう」を公表している。

  *

 東京都中野区は8月28日、区の避難訓練と同時に犬の同行訓練を実施した。区立中野本郷小のグラウンドの一角に「動物救護所」を設け、獣医師や区保健所の職員約20人が待機。ラブラドルレトリバーなど5匹が参加した。

 飼い主は受け付けをした後、獣医師らが準備したケージに犬を預け、約2時間の訓練に参加した。実際の避難所では人間の居住スペースと動物のスペースを分けることが想定されるため、犬が飼い主と離れて過ごすのも訓練の一環だ。

 獣医師らは犬の世話をしながら、一般参加者に「動物も避難訓練をしています」とアピール。東京都獣医師会中野支部長の佐藤至さんは「同行避難について知っている人はまだ少ない。理解してもらうきっかけにしたい」と話した。【倉田陶子】




※参考資料
東京新宿区では平成17年から被災動物対策のパンフレットを用意。

■「いざというときに災害からペットを守るために」(平成20年4月改訂増刷)
http://awn.sub.jp/cn/snj/hinan/08snjsaig.pdf

■「新宿区学校避難所動物救護マニュアル」( 平成22年11月増刷)
http://awn.sub.jp/cn/snj/hinan/10.3snjhinan.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
新宿は進んでいるのですね。同伴避難について、夏に市役所に電話したところ、各区に電話して聞いてくれと言われました。札幌はまだきまっていないのでしょう。いずれ、尋ねてみたいと思っています。
先日の写真展、帰宅したら体力的にノックダウンで残念ながらいけませんでした。多くの人が来ていましたか?場所的にはとても良かったのだろうと思っています。福島の被災動物については話題が少なくなる一方なのでわすれないための行動が必要なのでしょうね。明日は我が身ですし。寒くなってきました。ご自愛ください。
北の猫婆
2011/10/29 15:56
北の猫婆でコメントしてしましました。さっぽろ一市民です。最近、猫婆を使うことが多いのでこれからは猫婆でいきます。よろしくおねがいします。写真のフェレットはお宅のフェレちゃんですか?可愛い子ですね。
北の猫婆
2011/10/29 18:12
>北の猫婆さん
お名前了解しました!
はい、写真のフェレ子はうちの子です(*^。^*)。 

写真展は、場所は良かったのですがスペースが小さく目立たなかったのが残念でした。でも、スタッフの女性が声を張り上げて、通行人に来てもらおうと頑張っていました。私は17時すぎに行ったのですが、足をとめて観ている人はそれ程多くなく、もっと人だかりができる位みてほしかったです(時間帯によるのかもしれませんが)。
写真集を販売していたので購入しましたが、辛すぎてまだしっかり読めていません…。写真展では、感情の扉を全部閉じて何とか観てきました。
mana☆
2011/10/29 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
素敵!〜新宿区の動物(と飼い主)救護の備えと活動。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる