全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな愛情いっぱいの新しい飼い主さんと出会えて本当によかった。

<<   作成日時 : 2011/06/01 17:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


http://mytown.asahi.com/areanews/kanagawa/TKY201105310603.html
福島の被災ペット、新たな飼い主が懸命に世話 横浜
2011年6月1日

梶原由美子さんと一緒だとおとなしくお座りもできるクリ(右)=横浜市緑区

 福島第一原発事故の影響で飼い主が避難した福島県内の自宅に取り残され、大けがを負って後ろ脚がマヒした犬が神奈川県横浜市内の女性に引き取られて暮らしている。市内の動物愛護団体に保護され、新しい生活を始めて1カ月。献身的な世話を受けるなかで、前脚を使って活発に歩くようになってきたという。

 「最初はうずくまってほとんど動かず、小さな音にもおびえて震え、人と目も合わせなかったんですよ」。黒いシバ犬クリの頭をなでながら、横浜市緑区竹山の梶原由美子さん(74)は話す。クリは前脚ではうように梶原さんの後をついて回り、足元にうずくまると、大きなあくびをした。

 クリは3歳くらいのオスだ。4月末、原発の20キロ圏に近い福島県葛尾村にある民家の敷地内で衰弱しているところを横浜市の愛護団体「ニュータウン動物愛護会」が見つけた。

 同会は震災発生直後から被災地に入ってペットの保護と引き取り手探しを続けている。クリの飼い主を探し出し、電話で話をしたところ、絞り出すような声で「引き取ってもらえるならありがたいです」と依頼された。震災後に自主避難したが、犬は連れて行くことができず、大量のえさを用意して首輪の鎖を外したのだという。

 発見時、クリの後ろ脚はもう動かなくなっていた。獣医師からは、脊髄(せきずい)が損傷しており、回復は困難だと診断された。車にはねられた可能性が高いという。

 「生半可な覚悟では世話を続けられない」。そう考えた同会の日向千絵代表は、これまでに障害のある犬を5匹引き取ってもらった梶原さんに依頼し、快諾を受けた。

 クリは障害で排泄(はいせつ)の調節ができず、便や尿をたれ流す。このため、梶原さんは床に新聞紙とトイレ用シートを重ねて敷いている。朝は大量のタオル類を洗い、新聞やシートを交換。夕方は熱めの風呂に入れ、衛生状態を保つ。後ろ脚を毎日もんで刺激を与え、晴れた日は屋上にタオルケットを敷いて日光浴させる。夜はそばに布団を敷いて眠る。

 医師の家系に生まれ育った梶原さんは、子どもの頃から近所の捨て犬や捨て猫を育ててきた。結婚後は夫の診療所を手伝いながら障害のある犬や猫を引き取って世話をし、16匹をみとった。夫に先立たれ、一人暮らしになってからも以前と変わらぬ日々を過ごす。「一緒に暮らしてきた犬や猫が見守ってくれている。体が動くうちは続けたい」

 クリとともに育てているチワワのモモは左目が不自由だが、1日3回の散歩が大好き。一緒に出かけられるように、梶原さんはクリが下半身を載せて歩ける車いすを注文した。「みんなでお散歩できれば、クリはもっと元気になってくれるでしょう」と、車いすの到着を心待ちにしている。(古沢範英)




愛情いっぱいの新しい飼い主さんと出会えて本当によかった。

見捨てた飼い主さんは、最期までお世話できないのなら、今後は絶対に動物を飼わないでください。

今回、苦渋の決断だったとしても、見捨てたことには変わりないのです。

だって、人間なら捨てないでしょう。

それに、一時預かりしてもらって落ち着いたら迎えに行くなど、方法はいくらでもあるのだからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
柴犬クリちゃんは優しい人に引き取られて本当によかったですね。
今回の被災で取り残されてしまった犬猫達は避妊去勢はおろか感染症や負傷した子達が大変多いのが目立ちますね。クリちゃんは、今の飼い主さんに手厚く介護されて
元の家に戻るより返って幸せのような気がします。
今回の被災でこの国におけるペットの飼い方はまだまだ
途上でこれを機会に飼い主さんたちの意識の向上に繋がればと思います。
ankun
2011/06/01 18:02
>ankunさん
本当にクリちゃんよかったです。
私も元の家に戻るよりよかったように感じます。
だって、「震災後に自主避難したが、犬は連れて行くことができず、大量のえさを用意して首輪の鎖を外したのだという」と、この時点で飼育放棄ですから。
連れて行けないというのは、いくらでも手があったはずですし同じ状況でも一緒に避難する道を選んだ人もいますから、言い訳にしか過ぎないですよね。
私もこの国における問題が浮き彫りになったのはよかったと思います。これを機会に動物愛護にも追い風が吹き、今後どんどん良いほうに変化していくことを期待します。
mana☆
2011/06/01 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな愛情いっぱいの新しい飼い主さんと出会えて本当によかった。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる