全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ペット飼育免許制の実現をめざそう。

<<   作成日時 : 2011/05/27 19:41   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

身の回りのペット達について、里親募集について、詳しく調べてみた。

そうしたら、本当に沢山、沢山いるんです。

みんな無邪気な顔をしていて、時に寂しげな子や不安気な様子の子もいて。

どうして、終生飼育しないのだろう?

日本では可愛いからとか、衝動的とか、癒し目的など自分の都合だけで簡単にペットを飼って、終生飼育しない人が多いよ。

もちろん、客観的にみても、どうしても飼えなくなった人もいるだろうけど(病気や死亡とか)、そうではない人が多い現実。

だって、もし人間の子供だったら、こんなに簡単に捨てたり、里子にだそうとしないよね。

でも、なぜ動物だったら、簡単にそうするの?

もし私だったら、どんな状況・環境になっても、まずは一緒にいることを前提に、そうできる環境を探し続ける。

絶対に捨てない、最期まで絶対に一緒にいる。

ペット(伴侶動物)を簡単に里子にだしたり、保健所に持ち込んだりする感覚、これが全く理解できない。

しかも、10歳11歳まで一緒にいて、老齢になって保健所に持ち込まれている子達をみると、なぜ最期まで一緒にいないの?なぜ捨てるの?と心の底から疑問が渦巻く。

動物達の側にたって、その心情を考えはしないの?

捨てられた子達が、本当に数え切れないほどいる日本国は、心のまずしい国だとますます実感したよ。

愛情をもって終生飼育できない人は、ペット(伴侶動物)を飼う資格はない。

ペット飼育の免許制、これを早期に実現させるべき!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
動物を最後まで責任を持って飼うのは大変なことですが、愛情があれば絶対にできることです。あとはお金もかかることですよね。1匹の猫は300万が終生飼育にかかるそうです。偉そうなことを言うつもりではありませんが、安易にペットショップからボーナスで動物を買うのはやめてほしいです。札幌に愛護団体がありませんが、できてほしいです。協力するんだけどな。話は変わりますが、福島の動物収容所(正式名称わかりません)は犬をケージに入れたまま散歩もしないんだそうです。あまりにひどくないですか?改善を依頼しようかと考えています。
さっぽろ一市民
2011/05/28 19:52
>さっぽろ一市民さん
本当にそう思います。
大変なことだから、それだけの責任感と愛情をもっている人以外は飼えないように規制をかける必要がありますよね。
年齢的に非常に高齢である人の場合も(動物達よりも先に飼い主が亡くなる可能性)、家族や友人にひきついで飼育できる人を確保しておかない限りは、動物を飼うことはできないと規制をかけたほうがいいと思っています。
ペットショップやブリーダーは、こうなると商売あがったりでしょうからかなり反発すると思いますが、私は「利益優先」ではなく「命優先」が、人間のあり方の真理だと考えます。
犬の場合も以前調べましたが、同じく300万円位必要と書いてありました。本来であれば、ペットを売るショップやブリーダー、そして譲渡する保健所などもその情報を事前に提供すべきだと思います。

札幌の愛護団体、そうですね。小さなレベルで行っているところはあるようですが、NPO法人化したところなどはないですよね。私は、組織作りは事務作業も増えるので、ネットワークを沢山もってフットワーク軽く動く事を今はメインに考えてやっています。

その福島の収容所はどこですか?
酷すぎます。こういった劣悪な飼育をするようなところは愛護団体とは名のらないでほしいです。
連絡先やホームページのアドレスなどがわかれば、教えてください。
mana☆
2011/05/28 20:47
NPO法人みなしご救援隊のブログにあった情報です。この名前でヒットしますのでご覧ください。28日の記事です。散歩もしないのは民間ではなく公的な収容施設だと思います。対策本部系統ではないでしょうか。いかにもお役所仕事です。みなしご救援隊は良心的な活動をしていると思いますので、真実だと思いますよ。
さっぽろ一市民
2011/05/28 21:16
>さっぽろ一市民さん
情報ありがとうございます。
同志のネットワークを利用して、事実関係を調べています。
みなしごさんにも直接確認しようと思います。
もし、事実なら、その収容施設及び議員さんなど、必要なところへ嘆願・意見していこうと思っています。
mana☆
2011/05/28 22:06
上記の件に対して福島県はそれなりに頑張っているので敵対しないようにとコメントを書かれていた方もいました。敵対ではなくお願いや意見なら問題ないのでは?と思います。その方はボランティアが足りないと書いていましたね。それも理由なのでしょうね。しかし、何年もそこで犬が暮らすのなら問題だと思いますが。
さっぽろ一市民
2011/05/28 23:06
>さっぽろ一市民さん
現状がわからないので何とも言えませんが、ただやみくもに頑張ればいいというわけでもないし、頑張っているからいいともいえないと思います。
例えば散歩なら、順番で行うという事もできると思いますし、要は優先順位の設定と、合理的・効率的な動きです。会社でも同じで、ただただ残業して時間かけても全く内容が伴っていない人もいますし、残業をしなくても同じ仕事量で内容もしっかりと仕上げる人もいますから。
動物達の心身への負担が関わっており、保護した後に長期間閉じ込めておいてるとすれば、意識的でなくても虐待とみなされます。
敵対はする必要はないでしょうが、きちんと理路整然と意見をいい、改善へのアプローチをすることは大事だと思います。動物達は自分で声をあげられないですから。
もし救援本部がらみであれば、義援金も沢山あるのだから、人を雇えばいいと思います(飼育に詳しい人とその手足となる人など)。そこを大切に考えて行動しようと思えば方法はいくらでもあるものです。
mana☆
2011/05/29 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペット飼育免許制の実現をめざそう。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる