全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS キュートなおじさん。ワンコお迎え準備。

<<   作成日時 : 2011/05/26 01:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝(5/25)通勤で運転中に停止した時、ふとミラーから後ろのおじさんが目にうつった。

お・・・おじさん、歳は40歳後半〜50歳前半くらいかなぁ?!

ん?私は思わず微笑んだよ。

おじさん、一心不乱にコレしてました。

http://corocoro.ya-man.com/?aflid=a_ls0004
高畑淳子さんオススメのプラチナゲルマローラー。

そして車が動き出して、動いている最中にもまた見てみたら、一生懸命にコロコロしてるおじさん。

思わず声をだして笑ってしまった〜そのけなげさがかわいい、かわいすぎるよ、おじさん。





被災ワンちゃんのお迎え準備は、悩むところが大きく、あーでもないこーでもないと脳内フル回転で、商品検索したりしている。

屋外飼育の子でボランティア登録をしたのだけど、食事中に窓の外をみて、外にひとりぼっちで置いておくことが、どうにも可哀想でならなくなる。

今まで屋外飼育の子が来るのだから慣れているのかもしれないけれど、真っ暗な夜や冬の吹雪の中、ひとりで外にいるワンちゃんを想像したら、あーーやっぱり室内飼育にしようかなと考え始める。

しかし、フェレ子達のことを考えると、何かあったらとの危険を感じて、やっぱり屋外飼育しかないか・・・と考え直す。


そんな繰り返しであるが、一応屋外飼育の場合の環境は概ね固まってきている。

購入する商品も決めてはいる。

今の候補は、ドッグハウス(W1820×D920×H1200)を建てて、その中にお家(ちまたで犬小屋と称されるもの)を置く。

お家の内部には、もちろんタオルや毛布を敷いて心地よい空間にする。

冬は、ドックハウスに囲いをして、中のお家も更に毛布などをいれて、湯たんぽも考えている(湯たんぽの場合は、大きめのお家にして少し距離を保って設置しないと低温やけどしても困るのでそれも考え中)。

トイレもハウスからでてするのは、寒い日などは苦痛だろうから、ドッグハウス内で(お家の逆サイド側)できるようにする(こまめに掃除)。

場所は、私が家の中にいても窓から見えるところに設置する。

外出時の対応については、車にケージなしでのれるように躾をすれば、助手席にケージなしで座ってもらい、フェレ子達は後部座席にケージを置けば大丈夫だろうと考えている。

外出先に泊まる場合は、折りたたみケージを持参して、そこに寝てもらって玄関内に置かせてもらうつもり。

そこまでは、考えているのだけど・・・


今回は一時預かりだから、わりと早く飼い主さんのところに帰ってしまう可能性もある。

逆に、飼い主さんが引き取らないと言い始めたら、それはそれで終生飼育に切り替えようと思っている。


一時預かり任務が終わった後は、今度は動物管理センターに収容されている子を迎えようとも思っている。

ただ、あそこに行くのは非常に辛い・・・明日の命が保障されない子達が沢山いて、その子達を見るのが辛い。

そして更に複数匹の中から1匹だけ選ぶなんて・・・と重い気持ちになる。

本当に、こういうところに持ち込むような人は、最初から動物は飼わないでもらいたい。

無秩序に生ませるようなことはしないでもらいたい。


「すべての動物達が、安心して笑顔で過ごせる世界」 いつ実現させることができるだろうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キュートなおじさん。ワンコお迎え準備。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる