全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府が動物を救わない国日本、愛に狭量な人間(多分一部の)。

<<   作成日時 : 2011/05/04 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今回の東日本大震災では、動物達が飼い主と一緒に避難できずに放置され、特に原発警戒区域では飢餓で亡くなったり、そして今も衰弱・瀕死状態動物達が沢山います。

国は、その動物達を救わないのです。

4月28日〜5月2日に一応政府の救援隊が現地に入ったそうですが、その保護状態はお粗末なものです。

なぜ、動物達に愛情をもち動物救援に実績もある、民間団体と協力しないのか?(団体側はしたいと再三言っているのに・・・)

政府は、本当に「命」を救いたいわけではないからです。

救助の嘆願が動物愛護団体や個人、一部の議員などからも、多数寄せられているので、一応対応しなくては、というパフォーマンス的側面もあるのではないでしょうか。

本当におかしい国、日本です。

なぜ、命の危機に瀕している「命」を救わないのか?



そして、私的には、「なぜ、最初からペット(伴侶動物)も一緒に避難できる体制をとらないのか?」「なぜ、ペット同伴可能な避難所や仮設住宅が普通にならないのか?」とずっと感じています。

日本では、政府が動かないだけではなく、国民の中にも(一部だと思いたいが・・・)、人命優先だから仕方ないという考えがあるようです。

これっておかしいです。

こういう言葉がでること自体が、私には理解できないです。

「人命優先」この言葉は、地球上では人間が一番というエゴをもち、愛という観点からみて狭量な人間からでるものです。

ドイツ、アメリカ、欧州諸国などでは、人間と一緒に動物も助けます。



ドイツ在住の女性から、日本の長島議員にきた話です(長島議員のブログより抜粋)。

お願いです。動物たちを救うために保護団体や、獣医たちの立ち入りを可能にしてください。
ドイツでも福島の動物たちの現状がニュースで流れました。
日本人であることをこれほど恥じたことは初めてです。
ドイツ人たちも、ニュース を見てから、動物を救わない日本に失望しています。
ベルリンで獣医師である女性から長島様のことをうかがいました。
彼女(日本人)もまた、ほとんど徹夜で日本と連絡を取りながら、犬猫と家畜も救おうと必死です。
ドイツの日本大使館にも多くの抗議の手紙が送られているそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用おわり・小野千穂さんより

※長島一由衆議院議員のブログhttp://nagashimakazuyoshi.seesaa.net/article/198751078.html



ドイツでも福島の動物たちの現状がニュースで流れました。
日本人であることをこれほど恥じたことは初めてです。
ドイツ人たちも、ニュース を見てから、動物を救わない日本に失望しています。



本当に本当に、私(mana☆)も全く同じ気持ちです・・・

いくら言っても動かない今の日本に怒りを感じる。
「人命優先だから仕方ない」という考えの人間がいることに、なんともいえない虚しさのを感じる。

「愛」という観点からみて、やはりまだまだ未開、発展途上国の日本だと再認識しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福島の動物達、悲惨な現実(転載・拡散)。
ナミみつ姫 さんのブログ http://ameblo.jp/12-21u/entry-10963371045.html ...続きを見る
全ての命にやさしい世界を〜PONA☆
2011/07/26 16:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府が動物を救わない国日本、愛に狭量な人間(多分一部の)。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる