全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧州諸国の動物保護法5大原則。

<<   作成日時 : 2011/04/21 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

動物保護法 5大原則

1:飢え、乾き栄養不足がないこと

2:不安、ストレスがないこと

3:正常な行動を自由に取れること

4:不安感が無いこと

5:痛み、怪我、病気がないこと

このようにEUではこの5大原則をもとに法整備されている。



上記は、ARKさん【http://www.arkbark.net/?q=ja/】の資料で情報収集していて見つけたもの。

この5大原則は、私にしてみれば当然、そして非常に重要なことなのだけど、その当然のことが基本視点にない日本国の動物関係の法律。

欧州諸国さすがです!

日本は全然だめだめ、足元にも及ばない。

なにせ、動物と関連の深い獣医師が、五大原則にそぐわない動物を殺したり傷つける動物実験をしている国。

なんと獣医大学は、そういった動物実験をしないとよい獣医師が輩出できないと言っている。

馬鹿じゃないかい!

医師は、人間を傷つけたり殺したりする実験はしないで医師になっているでしょ。

諸外国では、動物実験をしないで、良い獣医師を沢山輩出しているでしょ。

こんな低い低いレベルの日本の現状を、どうやったら変えられるのだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
欧州諸国の動物保護法5大原則。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる