全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 適当に。

<<   作成日時 : 2011/03/17 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


世の中、買占めに走っている人が多くなって、それによって物資に影響がでている、というニュースを見た。

それってどうなんだろう・・・

こんな時であっても必要以上に買い占める人がいなければ、皆に行き渡るだけの食料やモノはあると思うの。

備蓄は普段通り、必要な範囲レベルでいいんじゃないのかな。

震災地に近いなどで少し多めが必要なのであっても、通常+α少し位でいいよね。

以前、コメがなくなった時、タイ米をすごく買い占めて、結局捨てた人も多かったというニュースが記憶に残るけど、せめて買ったものは、大切に使い切ろうよ。

おいしくないからって捨てるなんて、もってのほか。


私は、今回の震災後に買い置き足したものはひとつもない。

例えば今ある食料は、冷蔵庫3〜4日分、缶詰はツナ缶1つ、ペットボトル水は1本もない。

米は米びつに入ってる量そのまま。

私の場合は、足りなすぎか?!

食べ物以外も同じで、すべて普通に今まで通り。

断捨離的に「今」を生きる時、必要以上はいらないという気持ちが根底にあるから、なんだろうな、、、全然焦ってないというか。

欲する時に、欲するものは与えられると思ってる。

内容や量に不便は伴うかもしれないけど、それは仕方ない。


でも非常用袋は、今回のことに関わらず、ずーーとやろうと思っていてまだ完成していなかったので、きちんとしなくてはと改めて思ったよ。

「備えあれば憂いなし」だもんね。

要は、適当(※1の意味)、バランスが大事ですね。

※適当とは(辞書より)
1.ある状態・性質・要求などに、ふさわしいこと。適度。適切。適当な量。
2.いい加減。 いつも適当な人。


動物達への適当な備蓄量については、普段から人間よりも少し多めがよいと思う。

なぜなら災害時も動物達の救援物資はこないでしょうから、特に人間の食料が食べられない動物に関しては、少し多めのストックを、そして勿論日常的に必要なものを備えた非常用袋も用意が必要ですね。

動物達は自分達で緊急避難対策をすることはできません。

どうぞ、すべての飼い主さんや、動物施設やペットショップ等の従業員は、緊急対策の配慮も普段からしてあげてくほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
適当に。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる