全ての命にやさしい世界を〜PONA☆

アクセスカウンタ

zoom RSS メジャーに売られているおやつは危ない。

<<   作成日時 : 2010/11/07 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うちではフェレ子達におやつはほとんどあげませんが、以前試供品でついてきた「フェレット用ヨギーズ バナナ&レーズンフレーバー」がおいしかった記憶があるので購入してみました。

コレです。

http://item.rakuten.co.jp/gyouretu-pet/4571269547101/

いつものようにまず自分が試食し、ふたりにも1粒ずつ与えてみると即食べてましたが、これは甘い、甘すぎる!

成分表示をみるとショ糖が最も多く含まれているとわかる。

このおやつをあげるとしても、1日1粒、月2〜3回程度のつもりでしたが、それもやめました。

人間が1粒食べただけでこの甘さ、胃にずーーーんとくる甘さです。

フェレットの体の大きさを考えると、すい臓や胃腸に相当負担がかかってしまうことが推測できます。

着色料も添加されてるから、肝臓や腎臓にも負担がかかる。

ショ糖の怖さはこれをみるとよくわかる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9

糖質で純度の高いものは、人間でもそうであるが、麻薬的に欲するようになります(血糖を急激にあげる、依存性をつくる)

これを、表示どおりに1日5粒も与えたらどうなるんだろうと怖くなりました…

うちではもちろん、せっかく買ったけど、与えないことにしました。

たまに甘いものが欲しい時に、自分が食べてますが、1粒で十分です。

他にもおやつでいえば、ジャーキー。

以前、知り合いのブログでジャーキーをおいしそうに食べているフェレ子ちゃん達をみて、自分も食べさせてあげたいと思いいろんな店で探しましたが、多くの有名メーカー産が、添加物や着色料だらけでした。

結局購入せず今に至りますが、動物におやつはいらないと感じました。

おやつを与える理由は、つきつめると「おいしそうに食べる姿をみる“自分が嬉しい”から」ということなんでしょう。

健康を考えると、必要のないものは与えないことです。

ということで、うちでは今後一切、一般にメジャーとなって売られている健康を害すると推測されるおやつは与えないつもりです。

今まで通り、フェラリア等の薬を飲む時や体重測定の時などに、バイトやリリーフを少し与える程度の利用のままでいきます。

普段与えるフード自体が完璧だとは思っていないので(獣医さんオススメを利用はしていますが)、サプリについては、フェレ子達の健康&美容状態を見ながら、十分品質を見極めて必要時には利用したいとは考えています。

でも、与えるとしても表示量をうのみにしないで、目の前の子達を観察しながらにしたいと思っています。

細心の注意を払うことは、神経質とは違います。

そういった意味でも、飼い主が情報収集や勉強をすることは責任のひとつだと思います。

大切な尊い命を預かっているのですから。

愛してるからこそ目先のこと(喜ぶからとか)にとらわれないこと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メジャーに売られているおやつは危ない。 全ての命にやさしい世界を〜PONA☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる